「音波」というペンネームをつかっています。


by rui-joe

002:飲(音波)


昔飲んだ粉のジュースの底のほうみたいになっているの サミシイ
[PR]
# by rui-joe | 2014-11-03 08:35 | 題詠2014

001:咲(音波)


嫌いではないけど今は行けないの 金木犀が咲いたばかりで
[PR]
# by rui-joe | 2014-11-03 08:34 | 題詠2014
今年も題詠blogに参加します。
実は今年は先に作ってから参加しようと思って、途中で難しいお題で詰まっていました^^;
いまから完走できるか分かりませんが、既に作ってあるものもありますので、
がんばって完走したいと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
# by rui-joe | 2014-11-03 08:26 | 題詠2014

リズム

ここからはどちらを見ても花ばかり続き、
大きく傾いた枝の奥にたくさんの羽音が聞こえる。

こっちに出てきても、なにもありませんよ。

どうかしたのでしょうか、みどりいろに黙ってしまうなんて。
舌の中まで凍り付いて、たくさん失われてしまいましたね。
乾いた果実たちのことを、見なかったようにして。

――――静寂―――

あじさいになるには、ちょっとしたコツがあります。
印象ではノーと言うことしかできませんが、
あなたの判断ではないことは、すべて啓示です。

(無論、知っていましたよね?)

ほら、アナウンサーが今朝も宣言します。

「みなさまのゆく明日に、たくさんのカマンベールがありますように。
 そして年月が、みなさまに平等に訪れますことを!」

果てがないということは、直ちには分からなくて。
たくさんのヒメジオン、
ほんとうにたくさんの絵筆の下の・・・

(二回だけ生き返ってももいいですか?)

誰のものか分からない電話に出るとき、
ふたしかであっても仕方がないこと。
これが個人的な感傷で、きっと、あなたにも。

いつか分かち合える時まで、
ここに、きっと隠しておきましょう。
はじめまして、あなたがた。
いつか、単純なリズムになってしまうまでのこと。
[PR]
# by rui-joe | 2014-01-26 04:00 |

035:後悔(音波)


ああ、これは後悔だろう 気が付けばここはあなたが住んでいた町
[PR]
# by rui-joe | 2013-11-21 02:33 | 題詠2013