「音波」というペンネームをつかっています。


by rui-joe

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

カシミヤを羽織ってお茶を飲みながら目を細めては夕暮れを待つ

流れ星を見ている人や冬の路

幹が空ろになってしまった桜の樹を切り倒してから
庭のそちら側をあまりみていないので
目を瞑るといまでも桜がそこにある姿がみえている

マヤ暦の終わりに掛ける膝毛布

会いに行くこともできるが部屋にいて薄めの本を開いては積む

悲しみが指差している駅と道

郵便にとどかない声 見つめてはいけないひかり 冬 雨が降る

右、左、右、左、とおまえは落ち着かぬ様子で
行っては帰り、帰ってはまた行く
これからお前は冬を暮らさなければならない
お前のふるさとのタイガは白く眠っているだろうか
いきものよ 最後はどこで眠りたいか
お前に選ばせてやることはできないのだ

火の時代15時ごろに幕を引く

順番に味わっている わたしたちがまだ生き延びていると信じて

人に友、犬に友ありクリスマス

新しい手帳をひらきこれからの未来を白いマスに収める
[PR]
by rui-joe | 2012-12-29 04:44 | 自由題