「音波」というペンネームをつかっています。


by rui-joe

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

長い冬


長い長い嘆息でしたつきあって朝が来るまで夢を見ました

隣人に冷たい月が落ちてきて もう冬ですね 凍りませんか

はつゆきがふっているのがまぼろしでたぶんぼくらはこわれていまス

長い長い手紙のような繋ぎ目の頭蓋骨ですねひとつください

まっしろい紙に書かかれたお別れの言葉の意味は分っています

はつゆきがふっているのがほんとうでコワれたままじゃいけないですか?

長い長い冬が来ました なぜすでに長いと知っているのでしょうね。
[PR]
by rui-joe | 2010-11-30 00:37 | 自由題

水ありて誰かの冬の花火かな

ふらここや隣の人も涙あり

美容師に告げたる髪の長さ 冬


       ----「今日はほんと、三句」
[PR]
by rui-joe | 2010-11-23 00:53 | 自由題

感謝


いい人が順に死んでく世の中でまだ生きていて今日もありがとう
[PR]
by rui-joe | 2010-11-23 00:23 | 題詠2010

手書き


ほんとうの気持ちを文字に書くための書き出しをまだ見つけずにいる
[PR]
by rui-joe | 2010-11-23 00:03 | 自由題

完走報告(音波)


はじめて完走いたしました。やればできるものですね!

まともに詠めないお題が多くて、力不足を痛感しました。もっと耳を澄ませて、アンテナを高くしなければ。

拙い歌でばかりですが、ブログを見に来てくださった方、取り上げて鑑賞してくださったみな様に、

この場を借りてお礼申し上げます。


今年の自分の100首の中に、今の気持ちにマッチする歌があるので、再度引用させていただきます。


  長い長いあとがきみたいな人生で あなたに謝辞を捧げて暮らす(音波)


願わくば、世界中の句読点がただしい場所に打たれますことを。

ありがとうございました。
[PR]
by rui-joe | 2010-11-07 12:06 | 題詠2010

100:福(音波)


一年に一度だけある幸福の、ただしい場所に打つ句読点。
[PR]
by rui-joe | 2010-11-07 11:18 | 題詠2010

099:イコール(音波)


僕の住む世界を焼いて陽が落ちる 明日と今日はイコールじゃない
[PR]
by rui-joe | 2010-11-05 02:32 | 題詠2010

098:腕(音波)


腕なんてものがあるから抱き合っていない夜更けを寒く感じる
[PR]
by rui-joe | 2010-11-04 01:40 | 題詠2010

097:換(音波)


あなたとの青春なんて誰にでも置き換えられるぐらいの、時間。
[PR]
by rui-joe | 2010-11-01 05:25 | 題詠2010