「音波」というペンネームをつかっています。


by rui-joe

カテゴリ:題詠2008( 34 )

033:すいか(音波)


このまちに すみついた まま いつからか すいかも たべずに おとなに なったよ
[PR]
by rui-joe | 2008-09-27 15:26 | 題詠2008

032:ルージュ(音波)

まっさらな肌にルージュを押し当てて あなたの罪を許してあげる
[PR]
by rui-joe | 2008-09-27 15:24 | 題詠2008

031:忍(音波)


生まれてくる子が男の子だったら忍者にしようと妻のひらめき
[PR]
by rui-joe | 2008-09-07 14:13 | 題詠2008

030:湯気(音波)


しあわせが湯気の形によみがえり 茶碗の中に消える夕映え
[PR]
by rui-joe | 2008-09-07 13:20 | 題詠2008

029:杖(音波)


頬杖をゆらして君の目を覚ます さよならだけを言いたくて、また
[PR]
by rui-joe | 2008-09-07 13:03 | 題詠2008

028:供(音波)


幸福があんまり怖くて逃げ帰る子供を産んだ友達の家
[PR]
by rui-joe | 2008-07-12 13:13 | 題詠2008

027:消毒(音波)


夏が来る前に再び会いに行く消毒済みの笑顔する人
[PR]
by rui-joe | 2008-06-15 03:19 | 題詠2008

026:基(音波)


基本的事実において僕たちは夜に群がり漂うクラゲ
[PR]
by rui-joe | 2008-06-15 03:17 | 題詠2008

025:あられ(音波)


額から血をにじませて歩き出す 今日はあられに打たれて行こう
[PR]
by rui-joe | 2008-05-27 02:18 | 題詠2008

024:岸(音波)


狼と羊と農夫を対岸へ渡して君にほめてもらおう
[PR]
by rui-joe | 2008-05-18 03:58 | 題詠2008