「音波」というペンネームをつかっています。


by rui-joe

風船十首


次々にゴム風船を受け入れてわたしは単にしなやかな猫

風船が大きな花のように咲く不動産屋で選べない部屋

ふくらんだ風船ばかり飲み込んであなたの夜を外側へ出す

風船についたお手紙ありがとう好きなマンガや犬のこととか

たくさんの風船、クリスマスのツリー、人生がこんなキラキラだったこと

しばらくは天井にまだおりますが最後にだれか捨てる風船

じゃあいくね、また会おうねと繋がれた手と手を離す風船の森

飛ぶことを諦めたから風船は眠らずに済む場所を知ってる

愛だけじゃ物足りないの部屋中を埋め尽くすほど風船ちょうだい

庭に来るサーカス団のクラウンが僕に渡した犬の風船
[PR]
by rui-joe | 2011-01-18 05:01 | 自由題